コラム

トランクルームに収納できないものはある?トランクルーム収納の向き不向き

トランクルームに収納することに適したものや適さないものには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

実際に利用したい人にとっては気になるところです。

今回はこのポイントについて、詳しくチェックしていきます。

トランクルームの収納にオススメできるもの

トランクルームに収納可能なものは、大型家電や家具などが代表的です。

長期間利用することがないと分かっている際には、トランクルームを最大限に活用することにも繋がるため、こうしたアイテムを収納することがおすすめされています。

家電、家具などは、長期的に暗所に保管していても、性能や品質に劣化の生じる可能性が少ないと考えられていることから、トランクルーム内に収納しておくことは適していると認識されています。

大型のトランクルームも現在では多く見受けられているため、スペースにゆとりを持って収納できるのではないでしょうか。

 

また、ギターなどの楽器やレジャー用品、ミニチュアなどのコレクションもトランクルームに収納されています。

こうしたアイテムについても、保管に適したものであると考えられていることから、トランクルームの収納に向いています。

本体だけで収納することは問題ありませんが、外箱やカバーなどが付属しているものは、本体を覆ってトランクルームに収納することで、品質の劣化を抑制することもできます。

このように、トランクルームは様々なアイテムの収納に使われています。

トランクルームの収納に不向きなもの

トランクルームに収納できないものには、あらかじめ規定で定められたものが存在します。

多くのトランクルームにおいて、現金や貴金属などの貴重品は、収納が禁止されていると考えられています。

安全にトランクルームを運営するにあたり、こうした貴重品の収納は事前に禁止している例が目立っているのではないでしょうか。

また、ガソリンや灯油などの可燃性のあるものも、収納が禁止されているトランクルームが多いとみられています。

事故が発生しないよう、可燃物を収納できないようルール作りが進められています。

 

トランクルームの設置される環境や、屋外型トランクルームの場合は、衣類も収納がおすすめされません。

高温多湿になりうる可能性がある場所では、衣類のカビや変色などの劣化の起こるリスクが生じてきます。

衣類の素材を問わず、屋外型トランクルームに収納することは避けることがベストです。

最近は屋内型で温度や湿度の管理されたトランクルームが出てきているため、そのような場所では衣類の収納することもできます。

柔軟にトランクルームの状況を確認しつつ、衣類を収納するかは検討することが求められるのではないかと思います。

屋内型トランクルーム→完全屋内型トランクルーム「キュラーズ」

まとめ

トランクルームには、様々な種類のものを収納することに適しているという特徴があります。

有効に利用できる可能性が極めて高いため、積極的にトランクルームの収納スペースを利用することが、多くの人に推奨されるのではないでしょうか。

一方で、事前に収納が禁止されているものや、設置環境が要因でおすすめできないものも散見されます。

そうしたアイテムは収納を避け、うまく収納空間を利用していくことで、トランクルームの良さを余すことなく利用できるのではないでしょうか。